Final Fantasy 2/ファイナルファンタジー 2 攻略

キャラクター


ここでは、ファイナルファンタジー2に登場する主要なキャラクターの紹介をしています。

フリオニール

フリオニール - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
主人公で、フィン王国出身の若者。
レオンハルトとマリアの生家で育つが、パラメキア帝国に襲撃された際に義理の両親を殺され、自身も殺されかける。
その後、反乱軍を指揮するヒルダと参謀のミンウに助けられたことで一命を取り留め、マリア、ガイと共に反乱軍に身を投じる決意をする。
全体にバランスの取れた初期能力値を持っている。

マリア

マリア - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
レオンハルトの実の妹で、フリオニールとは義理の兄妹。
行方不明になったレオンハルトのことを常に気に掛けており、彼を探しにフリオニールたちと帝国占領下のフィンの町へ潜入した際にもスコットにレオンハルトのことを尋ねている。
その後、任務を遂行する中で帝国軍の指揮官・ダークナイトと何度も遭遇するうちに彼の正体がレオンハルトであることに気付く。
力とHPが低い反面素早さと知性が高い後衛向けの初期能力値を持っている。

ガイ

ガイ - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
フリオニールたちと行動を共にする若者。
大柄で、怪力を持ち、初期状態におけるHP・力・体力の数値は3人の中で最も高い。
某野生児のように言葉がたどたどしく、片言でしか会話ができないが、その代わりに動物の言葉を理解することができる。
HPとちからが高く前衛向けの初期能力値になっている。

レオンハルト

レオンハルト - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
マリアの実の兄。
フリオニールたちと行動を共にしていたが、帝国からの追っ手に襲撃された際に消息不明となる。
その後は正体を隠して帝国軍の指揮官・ダークナイトとなり、フリオニールたちの前に何度も姿を見せる。
物語終盤では遂にパラメキア皇帝に即位するが地獄から甦った先代の皇帝によってその野望を阻まれ、マリアに説得されて再び仲間になる。
終盤に仲間になった際は剣と斧を両手に装備しており、様々な武器に熟練した前衛向きの能力値となっている。
※他作品での登場:FF3のサロニアに仕えた暗黒剣の開祖。FF4でファブールに訪れ暗黒剣『デスブリンガー』を残す。

ヒルダ

ヒルダ - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
フィン王国の王女で、重傷の王に代わり反乱軍の指揮を執っている。
帝国にフィン城を奪われ、アルテアの町に逃れた後は町の中心部にあるアジトに身を寄せている。
当初はフリオニールたちの反乱軍への志願を許可していなかったが、フィンの町から帰ってきた彼らを見て考えを改め、彼らに重要な任務を与えるようになる。
友好国であるカシュオーンの王族の者たちとは親しく、フリオニール達が女神のベルの話を切り出した際にはスコットたちから聞いた話を伝える。

ミンウ

ミンウ - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
ヒルダの右腕である偉大な白魔道士で、反乱軍の参謀として行動する一方、単独での危険な任務にも参加する頼れる存在。
物語序盤で一時的にパーティに加わるが、後にパーティを離れて大戦艦の空爆によって負傷した人々とフィンの国王の治療に専念していたものの、王が息を引き取る間際に託された命によりアルテマの本を求めてミシディアの塔へと向かう。
その後、フリオニール達とは塔の最上階で再会し、最上階の封印された扉を開くために持てる全ての魔力を解き放って扉を開く。
最初期に仲間になるキャラクターであるが、ほとんどの白魔法を習得しており魔法関連パラメータも非常に高い。
※他作品での登場:FF4におけるミシディアの民を導いた最初の魔道士。

ゴードン

ヨーゼフ - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
カシュオーン王国の第2王子。
祖国が襲われた際に兄のスコットを見捨てて逃げてしまったことを悔い、アルテアの町の片隅でひとり苦悩していた。
その後、太陽の炎とそれを灯すエギルのたいまつを求めて単身カシュオーン城に戻っていたが魔物が城内に巣食っていたために先に進めずに立ち尽くしていたところをフリオニール達と再会してパーティに加わり、フィン王の遺言を受け、ヒルダと共に反乱軍を指揮することになる。
HPなどの能力値は加入時期からすると貧弱な印象を受けるが、体力や魔力などの基礎ステータスが高いため成長速度が速い。

ポール

ポール - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
自称世界一の盗賊。
帝国側からしか盗みを働かない義賊であり、所々で反乱軍に協力する。
しかし、セミテの滝の洞窟に潜入した際に帝国軍に捕らえられ、フリオニールたちに助けられる場面もある。
反乱軍の兵士たちに知られているほか、ゴードンやレイラとも面識があり、パラメキア城潜入前の場面では彼らのセリフの中でその名が頻出する。

ヨーゼフ

ヨーゼフ - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
サラマンドに住む反乱軍の協力者。
ミスリルの在り処を調査するようヒルダから命じられていたが、娘を人質に取られて動くに動けず、連絡が途絶えていた。
当初は人質のこともあってか、フリオニール達に対して煮え切らない態度を見せていたものの、ネリーとサラマンドの住民たちが救い出されたことをきっかけに彼らを信頼するようになる。
その後、女神のベルを求めてフリオニール達と雪原の洞窟へ同行する。
素手の熟練度が高く前衛向きの能力値となっている。

シド

シド - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
ポフトの町で飛空船の定期便を営んでいる人物で、元フィン王国白騎士団のリーダー。
飛空船の魅力に取り憑かれて城から去り、子分と共に町で旅人相手の商売をしており、一度だけヒルダに頼まれてフリオニール達を飛空船で迎えに行くことになるが、その際に帝国軍に捕えられ、大戦艦内の牢に監禁されてしまう。
物語終盤で皇帝が作り上げた竜巻に巻き込まれて瀕死の重傷を負い飛空船をフリオニールらに託す。

レイラ

レイラ - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
物語中盤で登場する海賊船の女船長。
元々は帝国軍にも反乱軍にも属さず、ディストへ向かうための船を求めてパルムへやって来たフリオニールたちを騙し、海賊船に乗せて追いはぎをしようとするが、彼らにけしかけた手下たちが返り討ちに遭って失敗、改心してからは反乱軍の一員として共に戦うようになる。
パーティが船もろともリバイアサンに呑み込まれた際に一時行方不明になる。
剣・ナイフ・弓の熟練度が高く、海賊らしく水棲モンスターに強いサンダーの魔法にも長けている。

リチャード

リチャード - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
ディスト王国の竜騎士で、竜騎士団唯一の生き残り。
祖国が帝国の攻撃に遭った際にアルテマの本を求めて旅に出ていたために被害を免れた。
その後はリバイアサンに呑み込まれて体外へ出られないでいたところを同様に呑み込まれてやって来たフリオニール達と出会い、パーティに加わる。
その後、アルテマの本を手に入れ、フリオニール達と共に竜巻の中へ潜入して一度は皇帝を倒すものの、パラメキア城で地獄から甦った皇帝が突如出現し、フリオニール達を逃がすために一人で皇帝と戦うが…。
初期能力値は騎士らしく力と体力に優れており、剣と盾の熟練度が高い。GBA版以降は後発作の「竜騎士」のイメージに倣って、槍の熟練度も高く設定されている。

パラメキア皇帝

パラメキア皇帝 - 原画(天野喜孝:Yoshitaka Amano)
軍隊と魔物を使役し、世界征服を目論むパラメキア帝国の最高権力者。
凄まじい魔力の持ち主であると言われており、物語終盤で巨大な竜巻を作り上げ、いくつかの町を壊滅的な状態に陥れる。

ウボァーの人



ページの先頭へ
メニューへ